So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

千輪咲き

浅草・浅草寺雷門

昼間は観光客であふれていますが、

朝6時20分過ぎはさすがに観光客もまばらです。

001.JPG

宝蔵門

006.JPG

本堂

002.JPG

五重塔

朝日を浴びて輝いています

003.JPG

千輪咲き

千輪咲きとは1本の茎から千もの花を咲かせる

一般的に500個以上のものを千輪咲きと呼んでいるそうです。

福島県二本松市の奉納です。

004.JPG

005.JPG

今日は朝最低気温が10℃以下で寒くなってきました。



nice!(28)  コメント(0) 

特別展 ウィーン万国博覧会

001.JPG

産業世紀の幕開け  ウィ-ン万国博覧会

2018年11月3日(土・祝)~2019年1月14日(月・祝)

 たばこと塩の博物館

002.JPG


 1873(明治6)年に開催されたウィーン万国博覧会は、35か国が参加し、約6か月の会期中726万人が来場しました。日本にとってこの博覧会は、国家として初めて公式に参加した万国博覧会であり、参加準備段階の調査書、出品物の写真帖など、残されている資料群からもその意気込みを感じることができます。
 日本からの出品物は、各種工芸品や皮革、和紙、染織、家屋の雛形、人形、生活具、農具、楽器、庭園など多岐にわたっていました。大型の陶磁器や金工、欧米の生活様式に合わせた工芸品もあり、日本の技術力や対応力の高さを示すものとして、大きな反響を呼びました。また、この博覧会に合わせて、西欧の最先端の技術を学ぶため、多くの技術者が日本から派遣され、その成果は、紙巻たばこを含むさまざまな産業の発展に寄与することにもなりました。博覧会後の日本は、輸出産業の育成に力を注ぎますが、国際ルールに則った特許や商標登録制度などを整備していくことになります。
 この展示では、ウィーン万国博覧会の参加準備段階の資料、日本やオーストリアで所蔵されている実際に博覧会に出品された資料、そして、その後の産業界の動きを示す資料を展示しながら、日本にとってのウィーン万国博覧会を紹介します。合わせて、博覧会後、19世紀末から20世紀初頭にかけてウィーンで活躍するグスタフ・クリムトのデッサン2点を特別展示します。クリムトは、日本の芸術から大きな影響を受けたことで知られており、日本とオーストリアが、さまざまな場面で影響を与え合っていたことがわかります。
 なお、この博覧会では多くの喫煙具が出品されており、当館や旧オーストリアタバコ(現JTインターナショナル)のコレクションにも万国博覧会に関係する喫煙具が残されています。博覧会会場の一角にはたばこの展示館を設けられいました。本展では、これらの資料も展示し、19世紀末のたばこ文化についても取り上げます。

 ※11月3日はたばこと塩の博物館が渋谷に開館してから40周年で入場無料でした。





nice!(33)  コメント(2) 

湯島天神 菊まつり

湯島天神 菊まつり

平成30年11月1日(木)~11月23日(金・祝)

この時期各地で菊まつりが行われています

※画像の羅列です

001.JPG

007.JPG

010.JPG

003.JPG

004.JPG

005.JPG

006.JPG

014.JPG

015.JPG

016.JPG

008.JPG

009.JPG

002.JPG

011.JPG

012.JPG

013.JPG





nice!(21)  コメント(1) 

企画展 玉【TAMA】

001.JPG

企画展 玉 【TAMA】   -古代を彩る至宝ー

 平成30年10月23日(火)~12月9日(日)

 江戸東京博物館 常設展示室内 5階企画展示室

001.JPG

 本展は、古代歴史文化とゆかりの深い14県からなる古代歴史文化協議会と共同で開催します。古代歴史文化協議会の共同調査研究「古墳時代の玉類」の成果をもとに、古代の玉の歴史的意義をわかりやすく展示します。古来より人々は、身を飾る美しさだけでなく、魂・霊(タマ)に通じる神秘性を見いだし、玉を特別な存在として大切に取り扱ってきました。古代の権力構造や地域間関係、さらには精神世界を解明するうえで、玉は極めて重要な手がかりとなります。本展は、全国各地から選りすぐった国宝・重要文化財を含む古墳時代の出土玉類を中心に構成します。いにしえの人々の美意識の結晶ともいえる玉を通して、古代日本の歴史・文化を広く紹介します。



nice!(34)  コメント(0) 

奉納 菊花展

奉納 菊花展

靖国神社境内

10月16日(火)~11月5日(月)

001.JPG

002.JPG

003.JPG

004.JPG

005.JPG

006.JPG

まだまだこれからが見頃です

靖国神社は今日から3日間秋の例大祭です

屋台も出ていますが、以前ほどは多くないです



nice!(29)  コメント(0) 

秋のダリア展


 第3回上野東照宮 秋のダリア展

 2018年9月29日(土)~10月28日(日)

 午前9時30分から午後4時30分まで

 入苑料 500円

画像の羅列です

012.JPG

013.JPG

014.JPG

001.JPG

002.JPG

003.JPG

004.JPG

005.JPG

006.JPG

007.JPG

008.JPG

009.JPG

010.JPG

011.JPG

台風が近づいていますが朝雨でしたが今は曇りですが、

夕方からは風雨が激しくなるそうです。




nice!(35)  コメント(1) 

躍動する明治

001.JPG

 躍動する明治

 -近代日本の幕開けー

 平成30年9月22日(土)~11月4日(日)

 国立公文書館

002.JPG

 平成30年(2018)は、明治元年(1868)から数えて満150年の年にあたります。明治前半期の日本は、欧米諸国の制度の導入による近代化、不平等条約の改正や大日本帝国憲法の制定など、政治・外交制度が大きく変わるとともに、様々な文化が花開く躍動感にあふれた時代でした。本展では、歴史の教科書や年表で目にする出来事を中心に、日本近代史の原点ともいえる資料を展示し、明治日本の歩みを振り返ります。


※入場無料、受付で音声ガイド(200円)を借りてガイドを聞きながら

 見る事約1時間、歴史に興味のある方には激動の時代を感じられます。


※最近又バイトをしてるので、なかなか更新できずログインもままなりません。





nice!(36)  コメント(1) 

感謝状

001.JPG

江戸東京博物館の友の会より感謝状をいただきました。

002.JPG

感謝状と記念の手拭いと図書カードです。

毎年更新していたらいつのまにか15年たったそうです。

月に2~3回は訪れています。

近くに今大相撲9月場所が行われている両国国技館、

回向院、北斎美術館まどがあります。

えど友HP  http://www.edo-tomo.jp/

江戸東京博物館は外国の人達も大勢来館しています。




nice!(36)  コメント(1) 

パナマの先住民クナ族の衣装と意匠

001.JPG

エリザベス・ハンスコレクション

パナマの先住民クナ族の衣装と意匠

 2018・9・8~10・21

 たばこと塩の博物館 2階特別展示室


 南北アメリカ大陸をつなぐ地峡部に位置するパナマ共和国では、クナ族という先住民が独自の生活様式を守りながら暮らしています。
 「モラ」は、元々クナ語で、クナ族の女性が身につけている民族衣装のブラウスのことを意味します。かぶって着るブラウスの全面と背面の2枚の身ごろには、多重アップリケの手法で、様々な意匠がカラフルに刺繍されています。今では、刺繍そのものも、モラと呼ばれるようになり、欧米を中心にモラを収集している博物館も多くあります。
 1962年から77年にかけてパナマ滞在した、アメリカ人のエリザベス・ハンス氏(1924-1993)は、クナ族との交流を通してモラを収集し、一大コレクションを築きました。今回は、同コレクションより、日本初公開のものも含め、動物や植物をモチーフにしたモラを中心に70点ほどを展示いたします。独自の生活を続けるクナ族ならではのデザインや鮮やかな色合い、細かい縫い目など見どころは尽きません。日本ではなかなか目にする機会のない、貴重なモラの数々をお楽しみください。

002.JPG




nice!(40)  コメント(1) 

防災の日


 今日9月1日は防災の日

普段あまり防災について考える機会がないですね。

少し考えてみませんか?

俺は昨年区の補助を受けて防災士の資格を取得しました。

これが認証状です。

001.JPG

防災士ってあまりなじみがないですよね。

日本防災士機構 http://bousaisi.jp/

日本防災士会 http://www.bousaisikai.jp/

防災士って何?防災士は何する?等なかなか説明が大変なので

興味のある方はホームページを参照してください。



nice!(40)  コメント(4) 
前の10件 | -