So-net無料ブログ作成
検索選択

北斎美術館


 北斎美術館

 昨日26日に江戸東京博物館へ特別展を見に行き

 帰りに歩いて10分位の北斎美術館へ行ってきました。

 割とこじんまりとして混雑していたので外観だけ撮ってきました。

002.JPG

001.JPG

003.JPG

004.JPG

 そのうち時間ができたら中を見てきたいと思います。

特別展『戦国時代展』

001.JPG

 特別展『戦国時代展』

 2016年11月23日(水・祝)~2017年1月29日(日)

 江戸東京博物館 1階特別展示室

 日本における「戦国時代」は、相次ぐ戦乱により秩序が大きく乱れた時代だとイメージされてきました。ところが近年では、この時代が列島規模で文化的、経済的な実りをもたらしたと考えられるようになっていきます。室町幕府の衰退により、上杉謙信、武田信玄、毛利元就、織田信長など有力大名たちは領国の経営に力を入れるようになり、その結果、絵画や茶の湯など京都で成熟した文化が列島各地へともたらされ、新たな地域文化として再生産されたのでした。
 本展では、合戦の様子や武将の姿を伝える歴史資料や、列島の各地で生成された貴重な美術工芸品を一堂に展示し、多様な広がりを見せたこの時代とたくましく生きた人々の姿に迫ります。


特別展『伊達男のこだわり』

004.JPG

003.JPG

  特別展『伊達男のこだわり』

  2016年11月19日(土)~2017年1月9日(月・祝)

  たばこと塩の博物館 2階特別展示室

 たばこは、16世紀末頃に日本に伝来したとされていますが、以来、髪の毛ほどの細さに刻み、きせるで喫煙するというスタイルで生活の中に定着していきました。そしてこの日本独自の喫煙形態は、紙巻たばこへと主軸が移る昭和前期まで続きました。きせるでの喫煙が広まるのにあわせて、たばこ盆やたばこ入れといった喫煙具も生み出されていき、たばこ盆は室内の調度品として、きせるやたばこ入れは装身具として、持ち主のこだわりを反映するようにもなりました。このため、人々はこぞって珍しい素材を用い、彫金や漆芸をはじめとした装飾を施しました。そこには、現在では途絶えてしまったものを含め、様々な分野の職人たちの巧みな技を見ることができます。
 さらに、江戸から明治へと移りゆく時代の中で、廃刀令により日用品への転向を余儀なくされた刀装の職人たちの技術が喫煙具にも応用され、優品が生み出されていきます。伊達男の代名詞ともいえる伊達正宗のきせるに始まる今回の展示では、日本の喫煙具に見る「用」と「美」の世界に、歌舞伎役者や喫煙具制作に関わった職人たちのエピソードを交えながら、持ち物としての喫煙具に対するこだわりを紹介します。

005.JPG


富士見多聞一般公開

 今日11月15日から皇居東御苑内の富士見多聞内部が一般公開されています。富士見多聞についての詳しい事は宮内庁のホームページを参照してください。今日が公開初日なので混雑していると思われましたが、職員の方の話では午前中は団体客が来たので入場制限をしていたそうですが、俺の行った午後はスムーズに入れました。これからは東御苑の公開の日は通年で内部が公開されるそうです。

↓皇居東御苑大手門
010.JPG

↓富士見櫓 内部は未公開
001.JPG

↓富士見多聞入口
002.JPG

↓内部
003.JPG

004.JPG

↓格子の隙間から乾通りが見えます
005.JPG

006.JPG

↓出口
007.JPG

↓二の丸庭園諏訪の茶屋の菊
008.JPG

009.JPG




菊まつり 湯島天神 弐


 湯島天神菊まつり 弐

013.JPG

1本の茎から色ちがいの花

006.JPG

011.JPG

002.JPG

003.JPG

007.JPG

003.JPG

004.JPG

014.JPG

015.JPG

おまけ

世界文化遺産登録 国立西洋美術館

001.JPG






すみだ水族館


 すみだ水族館

001.JPG

012.JPG

002.JPG

003.JPG

↓チンアナゴとニシキアナゴ

 餌をやると伸びてきます

006.JPG

ペンギン
011.JPG

004.JPG

005.JPG

↓泳ぎが速いので撮るのが大変

010.JPG

↓金魚

007.JPG

008.JPG

009.JPG

またまたすみだ水族館でした



菊まつり 湯島天神 〔壱〕


 湯島天神菊まつり 壱

013.JPG

↓毎年NHK大河ドラマを題材にしての菊人形
 
 今年は『真田丸』

009.JPG

008.JPG

010.JPG

005.JPG

012.JPG

↓花びらの表と裏で花の色が違います
002.JPG

001.JPG

↓花びらが重いので下に紙をあてています
016.JPG

017.JPG

  つづく


千輪咲 浅草寺


↓浅草寺雷門
 朝6時30分過ぎさすがにこの時間は人がいません

004.JPG

↓浅草寺本堂

005.JPG

↓小さい菊が飾られています

006.JPG

↓千輪咲 奉納福島県二本松市

007.JPG

008.JPG

千輪咲とは1本の茎から500輪の花が咲くのを言うそうです
もちろんこの菊も茎は1本です
ここまで咲かせるのに1年6か月かかるそうです。

 

菊花展 靖国神社


 菊花展 靖国神社

001.JPG

以下菊の花の羅列
002.JPG

003.JPG

004.JPG

005.JPG

006.JPG

007.JPG

008.JPG

009.JPG

010.JPG

011.JPG

012.JPG

013.JPG

靖国神社の遊就館に展示されている 

タイの泰面鉄道で走っていたC56型31号機関車

014.JPG





すみだ水族館 〔参〕


 すみだ水族館 参

017.JPG

アメリカカブトガニ

018.JPG

↓ハナミノカサゴ

021.JPG

↓マダラハタ

023.JPG

↓メガネモチノウオ

022.JPG

↓サメかと思ったらシロワニと言うそうです

002.JPG

↓イソギンチャクとクマノミ

001.JPG

 おわり




メッセージを送る