So-net無料ブログ作成
検索選択

彼岸花


 今週の東京は毎日雨模様で涼しいです。

 今日の朝から雨、午後雨の止み間に

 近所の公園で彼岸花を撮ってきました。

 写真の羅列です。

001.JPG

002.JPG

003.JPG

004.JPG

005.JPG

006.JPG


特別展 目賀田種太郎と近代日本展



 目賀田種太郎と近代日本展

 2016年9月17日(土)~11月6日(日)

 たばこと塩の博物館 2階特別展示室

   http://www.jti.co.jp/Culture/museum/

専修大学の創立者のひとりである目賀田種太郎(めがたたねたろう/1853~1926)は、東京音楽大学(現東京芸術大学)の創立にも関わる一方、大蔵官僚としてたばこ専売制や営業税などの近代税法の確立に尽力するなど、多大な業績を残した人物です。本展では、目賀田の履歴や専修大学の設立に関する近代文書のほか、勝海舟をはじめとする明治をつくった人々との交流を示す書簡など、目賀田種太郎の人物と業績を紹介します。

001.JPG

002.JPG

004.JPG

 同時開催

  専修大学図書館コレクション

003.JPG


特別展 よみがえれ!シーボルトの日本博物館


 9月は忙しくなかなか更新できませんでした。


 特別展 よみがえれ!シーボルトの日本博物館

 平成28年9月13日(火)~11月6日(日)

 江戸東京博物館 1階特別展示室

 万国博覧会より早く、ジャポニズムにも先駆け、ヨーロッパにおける日本展示はすでに始まっていました。江戸時代、2度にわたり来日のうえ膨大な日本コレクションを形成したシーボルトは、このコレクションを駆使した日本博物館を構想し、その実現に生涯をかけました。近代博物館、あるいは民俗学が生まれつつあった19世紀なかばのヨーロッパで、いったい彼はなぜ、そしてどのように日本を見せようとしていたのでしょうか。没後150年を記念した本展では、シーボルトが構想した「日本博物館」の再現を試みます。ミュンヘンから里帰りした約300点の作品から、「日出る国」に魅せられた男の「日本」を再構成します。

001.JPG


メッセージを送る