So-net無料ブログ作成

特別展『真田丸』


 2016年NHK大河ドラマ   特別展『真田丸』

 平成28年4月29日(金・祝)~6月19日(日)

 江戸東京博物館 1階特別展示室

   http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

 2016年NHK大河ドラマ「真田丸」の主人公・真田信繁(幸村)。彼は、「大坂の陣」において、大坂城東南に出丸「真田丸」を築き奮闘した勇将です。のちの信濃国上田城主真田昌幸の次男として生まれた信繁は、織田、北条、徳川、上杉とめまぐるしく主君を変える真田家において、上杉景勝の人質となり、その後豊臣秀吉の人質として暮らしました。関ケ原の合戦では、父・昌幸とともに石田三成が率いる西軍につき戦いましたが敗退、昌幸・信繁親子は九度山(和歌山県)に幽閉の身となります。しかし、信繁に転機が訪れます。豊臣家と徳川家の最終決戦「大坂の陣」が起こると、信繁は大坂城へ入城、慶長19年(1614)の大阪冬の陣では、大坂城の東南に真田丸と呼ばれる出丸を作って徳川方を迎え撃ち、翌年の夏の陣では、傭兵ながらも果敢に徳川方を攻め、その奮闘ぶりは家康に死を覚悟させるほどだったと後世に伝えられています。最後は兵力で勝る徳川方に敗れ大坂城は落城、信繁はその生涯を閉じました。
 戦国乱世の最後を飾った勇将・真田信繁、その活躍はさまざまな逸話とともに今もなお語り継がれています。この展覧会では、NHK大河ドラマで「真田丸」と連動し、真田信繁ゆかりの品や歴史資料などの紹介を通じて、信繁の人間像と彼が生きた時代を浮き彫りにしていきます。

001.JPG



近所の公園の桜

今年の東京のソメイヨシノは長く楽しめました。
3月21日に開花しました。
今日も満開ですが、明日は雨でかなり散りそうです。

↓近所の公園の桜
008.JPG

007.JPG

006.JPG

005.JPG

004.JPG

003.JPG

↓今年初めてのカルガモ親子
002.JPG

001.JPG


皇居 乾通り

皇居乾通りの桜を見に行ってきました。
当初は3月31日まででしたが、
今月3日の今日まで解放していました。
朝から東京は雨がちでしたが、
大勢の人達が桜を見に訪れていました。

※映像のカレンダーが間違っていますが、
 充電してカレンダーの設定を忘れましたが、
 今日4月3日の午前に撮影しました。

↓坂下門
001.JPG

002.JPG

003.JPG

004.JPG

005.JPG

006.JPG

007.JPG

008.JPG

009.JPG

↓乾門
010.JPG

乾門を出て北の丸公園や武道館は行きましたが、
雨にもかかわらず大勢の桜見物の人であふれていました。

特別展『根付と提げ物』


 特別展『根付と提げ物』

 2016年4月2日(土)~7月3日(日)

 たばこと塩の博物館 2階特別展示室

  http://www.jti.co.jp/Cultune/museum/

 印籠やたばこ入れなど「提げ物」と呼ばれた袋物を帯に提げて持ち歩く際、落とさないように紐や鎖で留め具に結び付けて着用しましたが、その留め具を「根付」といいます。江戸時代、印籠やたばこ入れが、男性の装身具として定着したため、それに合わせてさまざまな根付が制作されました。しかし、根付は明治維新後に精緻な日本文化の象徴としても欧米で高く評価されたことで、大量に海外に流出してしまい、現在、国内でまとまった数の根付を見る機会は多くありません。本展覧会では、リニューアルオープン1周年を記念して、国内の関係機関・団体・個人が所蔵する根付を中心に、印籠やたばこ入れなどの提げ物も展示しながら、あまり目にする機会がない、これら日本の精美な工芸品の歴史と文化をご紹介いたします。

001.JPG

002.JPG


メッセージを送る